EggnWorks Museum エッグンワークス ミュージアム 玄圃瑤華

エッグンワークス みんなの原画展「もふもふワークス」 in 京都高島屋


かわいい 幻想的 きれい

玄圃瑤華

 

フォロー

みんなのコメント


作品紹介文

□Anko
 宮城県出身、現在千葉県在住。自然界を自由にアレンジして細かな世界を描く。かわうそ新人賞、奨励賞受賞。Independent Tokyo等展示会にも参加。絵を描く傍ら、名刺や看板、メニュー、テキスタイルデザインなど平面デザインも手掛ける。
□玄圃瑤華←げんぽようか、と読みます。玄圃は仙人や天帝の居所、瑤華は玉のように美しい花という意味です。
こちらは同名の有名な絵があり、それを現代風に解釈、描いたものになります。
昔から仙人とは髯であったり髪であったり、ふさふさな印象を私は持っていて、つまりこの絵の中で一番毛深いのは…?(仙人は常に人の姿をしている訳ではないのですよ)そんな仙人様の美しい寝床を覗き見させていただきました。



出展情報

作品サイズ(額装込み。パネルの場合は総サイズ)
タテ:33.8(cm) ヨコ:25.1(cm)


販売価格:33,000円(税抜)




ハッシュタグ



作家名

Anko



(投稿日:2024年04月16日 09:04)







みんなのコメント








当サイト内の作品の著作権は、受賞作品は公募主催者に、その他の作品は作者本人に帰属しています。第三者による無断での使用を固く禁じます。

ログアウト

copyright EggnWorks.